So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「確実にころします」ツイッターで元交際相手の女性脅迫 男を逮捕(産経新聞)

 ミニブログ「ツイッター」に元交際相手の女性の殺害予告を書き込んだとして、警視庁町田署は、脅迫の疑いで、神奈川県藤沢市鵠沼海岸、無職、堀江健太郎容疑者(32)を逮捕した。同署によると容疑を認めている。

 逮捕容疑は5月下旬、自分のツイッターに元交際相手の女性(26)を名指しして「確実にころします」などと書き込んだとしている。

 同署によると、2人は今年2月に出会い系サイトで知り合い、交際していたが5月に別れた。堀江容疑者がしつこく女性に電話などをしていたため、女性が同署にストーカー被害の相談をしていた。

 当初は自殺をほのめかす内容だったが、次第にエスカレートしていったという。閲覧者から通報があった。

【関連記事】
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 
「無能野郎」「氏ね」中傷氾濫…2ちゃん本印税差し押さえは有効か
最高裁がネット中傷を「有罪」判断 書き込みに「裏付け」必要…ネット表現の未来は?
妊娠→薬→堕胎 結婚控えたイケメン医師 焦燥と暴発の果てに…
嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び

鳩山首相「福島氏罷免の閣議決定、申し訳ない」(産経新聞)
江本氏、国民新党から立候補(産経新聞)
「頑張った」「罷免当然」遊説の福島氏に静岡市民(読売新聞)
<痴漢容疑>警視庁警部補を不起訴 容疑不十分で…千葉地検(毎日新聞)
<大治町長選>減税派当選で河村・名古屋市長、合併に前向き(毎日新聞)

「金に困ってた」と長女=生活困窮、金目当てか―千葉放火殺人(時事通信)

 千葉県八街市で農業中村行夫さん(76)が殺害され自宅が放火された事件で、強盗殺人などの疑いで、土木作業員の男(47)とともに逮捕された長女(15)が「金に困っていた」と話していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。中村さん宅からは現金十数万円が奪われており、県警佐倉署捜査本部は金目当ての事件とみて調べている。
 捜査関係者によると、男は最近働いておらず、生活は困窮していたという。長女は中村さんの孫娘(16)と友人関係にあり、捜査本部は2人が中村さん宅に多額の現金があることを知った上で、金を奪うつもりで侵入したとみている。 

【関連ニュース】
「雷雨の日」、情報求める=発生1年でチラシ配布
シティバンク副支店長2人を逮捕=タクシー運転手殴る
47歳作業員と長女逮捕=76歳男性殺害、放火容疑
47歳男と娘を逮捕へ=76歳男性殺害、放火事件
性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人

社民、連立残留へ…政権内で「県内反対」主張(読売新聞)
山崎直子さんに県民栄誉賞授与 千葉県知事発表(産経新聞)
「人工細菌」を作製=合成DNAで増殖―医薬品、燃料生産目的・米研究所(時事通信)
親子でビールなど万引き=大阪市職員と母逮捕―府警(時事通信)
<事業仕分け>省庁側の見直し「甘い」、廃止判定は12事業(毎日新聞)

<コウイカ>赤ちゃん、ちっちゃいけど元気です−−福岡・マリンワールド(毎日新聞)

 福岡市東区西戸崎のマリンワールド海の中道で、コウイカのふ化が続いている。

 卵は長径約1・5センチの楕円(だえん)形。今年2月、大水槽に沈めた木の枝に千個以上が産み付けられた。

 マリンワールドではその一部を小型水槽に移し、卵に付いた砂を取り除いて観察しやすくして展示。ふ化直前の赤ちゃんイカが卵の中で動き回る様子や生き餌のアミエビを食べる姿などが見られる。

 コウイカは「甲」と呼ばれる石灰質を体内に持つことから名付けられた。生まれたばかりのイカにも甲があり、成長すると体長は30センチほどになる。

 展示は5月いっぱいまで。【加古信志】

<掘り出しニュース>北海道で高齢者がオリジナル映画4作目 崔洋一監督が全面協力(毎日新聞)
高槻市の死体遺棄、女性の養父が舞鶴で自殺(読売新聞)
相続税額は1.0%減=課税割合は5年連続最低水準―国税庁(時事通信)
介護保険見直しに向け意見を募集―共産党国会議員団(医療介護CBニュース)
デジモン・シール架空発注、8600万詐取容疑(読売新聞)

バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収−警視庁(時事通信)

 東京・渋谷でバカラ賭博場を開いたとして、警視庁組織犯罪対策4課などは12日、賭博開張図利容疑などで、さいたま市大宮区堀の内町、無職星野真容疑者(35)ら10人を現行犯逮捕した。賭博容疑で、客の横浜市南区、自営業の男(52)ら6人も現行犯逮捕した。
 同課などはバカラ台や現金約300万円を押収。経営実態の解明をする。 

【関連ニュース】
中込氏が一部罪状認める=プロ野球八百長事件で初公判
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初

“青く見えない隣の芝生” 校庭芝生化8% 維持管理が大変/効果に疑問(産経新聞)
TBS社員名乗り詐欺容疑(産経新聞)
走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」−国交省(時事通信)
<山岳遭難>63歳男性戻らず 奈良・大峰山系に1日入山(毎日新聞)
首相「すべてを県外は難しい」知事との会談で(読売新聞)

<口蹄疫>1週間さかのぼり調査へ 農水省(毎日新聞)

 宮崎県都農町で家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)感染の疑いが強い牛が確認されたことを受け、農林水産相の諮問機関、食料・農業・農村政策審議会の小委員会が20日開かれた。最初に確認された9日から1週間さかのぼり、発生農家に出入りした畜産関係者らの疫学調査をすることなどを決めた。

 疫学調査は、畜産関係者らが訪れた他の農家で異常がないかなどを調べる。また、発生農家から1キロ圏内にある農家の牛を抽出し、感染の有無を把握するための抗体検査を実施することを了承した。

 また農水省は20日、乳製品など一部を除き、牛などの偶蹄類(ぐうているい)の畜産物の輸出を一時停止した。農水省によると、牛肉輸出は08年度で約551トン。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
農水省:再報告を求める 新潟農済連の不適切運用で
人事:農林水産省
食料自給率:50%に引き上げ 農水省計画
人事:農林水産省

国際協力機構の運営費縮減…23日事業仕分け(読売新聞)
共産・志位氏、米大使と初会談=普天間の国外移設求める(時事通信)
元交際相手にナイフ突きつけ15時間監禁容疑 無職の男逮捕 警視庁(産経新聞)
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権(産経新聞)
基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会

山崎直子さん 聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子飛行士(39)に、米中部時間14日午後11時21分(日本時間15日午後1時21分)、米航空宇宙局から目覚ましの音楽が贈られた。松田聖子さんのラブソング「瑠璃(るり)色の地球」。夫大地(たいち)さん(37)の選曲だという。

 山崎さんへの曲のプレゼントは7日以来2度目。前回は長女優希ちゃん(7)が選んだ。大地さんによると、山崎さんがどうしても宇宙で聞きたいと言っていた曲で、歌詞には「地球という名の船の誰もが旅人」などの表現がある。山崎さんが12日、ISSで詠んだ俳句にも「瑠璃色」という言葉が詠み込まれていた。

 山崎さんは交信で「とうとう飛行日も11日目。残りのミッションもがんばっていきたいと思います。帰還後にまた会えることを楽しみにしています」と日本語で語りかけた。

【関連ニュース】
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
山崎さん:「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る
ISS:女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録
野口聡一さん:誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼
ISS:山崎飛行士が宇宙で琴、「さくらさくら」を演奏

血友病、その現状と課題(医療介護CBニュース)
雑記帳 「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
<東広島市議補選>「聞いたことがない」投票率1けた   (毎日新聞)
介護老人施設で虐待か=裸を撮影、ベッドに落とす−栃木(時事通信)
降雪で7人けが 早朝の都内(産経新聞)

阿久根市長不信任案提案へ「市長派市議がなぜ」(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)を支持する市議4人が市長不信任案の提案を決めた12日、市民からは「市長派がなぜ不信任案を出すのか。本末転倒」と、奇手ともいえる提案に疑問の声が上がった。

 4人は「反市長派が多数を占める議会を変えなければ、市長の改革は進まない」と理解を求めており、約1年ぶりの不信任案を巡って市議会の内紛が激化しそうだ。

 提案を明らかにした松元薫久議員は「議会はこのままで良いのかを真剣に考えた結果」と話し、市長と議会が対立している現状を打開するには議会解散しかないという立場を強調した。

 報道陣の「市長派という立場からすれば、不信任案の提案は矛盾していないか」の質問には、「内部で様々な意見が出たが、市政をもてあそんでいる感覚はない」と述べるにとどまった。

 不信任案は19日の最終本会議に提案されるが、市議会(16人)のうち12人を占める反市長派の反対多数で否決される公算が大きい。

 市長の政治姿勢に疑問を抱いている市民は「市長派が賛成し、反市長派が反対するのだろうが本末転倒で、わかりにくい。市民を軽んずる提案だ」とあきれ顔。一方、市長を支持する市民は「議会の構成を変え、市長の改革を進めるための苦肉の策と受け止めたい」と擁護した。

 最終本会議では、市長派が提案を決めている市議会の自主解散決議案も一緒に審議され、こちらも否決される見込み。(尾谷謙一郎) 

首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
「新党の話してない」=橋下、東国原知事と接触−自民・舛添氏(時事通信)
「よく分からないけど」谷垣氏「つぶやき」総裁に(読売新聞)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も−兵庫県立大(時事通信)
堺市議5人も“橋下新党”へ(産経新聞)

小沢幹事長 衆院選マニフェスト見直さず(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は12日の記者会見で「半年前の国民との約束を変えるほうが変じゃないか。とても国民に納得されない」と述べ、財源を「ムダづかいの根絶」に頼り、消費税論議を「封印」した衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しは必要ないとの考えを強調した。

 参院選に向けた公約の見直し作業では、若手議員から「公約をすべて実施すれば財政赤字が膨らみ続ける」との懸念が出ている。公約のための歳出と、消費税など歳入のバランスを無視すれば「与党として無責任と批判される」(新人議員)との危機感からだ。

 しかし、鳩山由紀夫首相は任期中の税率アップを否定。子ども手当など、衆院選大勝の原動力となった公約の大幅見直しは困難とみられている。参院幹部は「来年度の予算編成でどれだけムダをあぶり出すかが重要。増税はその次の問題」と指摘した。【大貫智子】

【関連ニュース】
小沢幹事長:後援会が地元で18日、両親の「偲ぶ会」
米国:「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省
小沢幹事長:5月の訪米見送り
連合:参院選に向け「小沢批判」地方で拡大 火消し急ぐ
民主党:参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も

奨学金「返したくても返せない」(産経新聞)
次世代車、10年後20〜50%=国内販売で目標−経産省(時事通信)
ブラッドサースティー・ブッチャーズ、23年目の最高傑作『NO ALBUM 無題』、その裏側の葛藤とは?
スーツケース詰め遺体、32歳韓国女性と確認(読売新聞)
<被爆マリア像>「戦争の悲劇伝えたい」 初の渡米 長崎・浦上天主堂(毎日新聞)

<村上春樹さん>小説「1Q84」が304万部(毎日新聞)

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。